【スポンサーリンク】

ディアンドレ・ハンターが手首の手術で8週間以上離脱へ

ディアンドレ・ハンターが手首の手術で8週間以上離脱へ

NBAキャリア3年目を迎えているアトランタ・ホークスのディアンドレ・ハンターが、長期離脱を余儀なくされる模様。

ホークスは現地14日、先発フォワードのハンターが右手首の腱を損傷し、現地15日に手術を受ける予定であることを発表した。

離脱期間は8週間以上になると見られている。

ハンターは現地8日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ戦で負傷。

MRI検査を受けた結果、手首の腱を損傷していることが判明したという。

ハンターの離脱に伴い、ホークスは現地14日のミルウォーキー・バックス戦でケビン・ハーターを先発起用。

ハンターの離脱中はハーターとダニーロ・ガリナリ、キャム・レディッシュにより長い出場時間が与えられることになるだろう。

なお、ハンターの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数1197
平均出場時間27.830.9
平均得点10.812.8
平均リバウンド2.74.4
平均アシスト0.61.7
平均スティール0.60.7
平均ターンオーバー1.31.5
FG成功率45.0%43.2%
3P成功率39.5%35.2%
フリースロー成功率40.0%78.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA