【スポンサーリンク】

ロシアを離れてサンズと契約したガブリエル・ランドバーグ「かなり慌ただしかった」

ロシアを離れてサンズと契約したガブリエル・ランドバーグ「かなり慌ただしかった」

今季をロシアのCSKAモスクワでプレイしていたガブリエル・ランドバーグは、現地3月12日に昨季NBAファイナリストのフェニックス・サンズと2ウェイ契約を結んだ。

ロシアによるウクライナ侵攻を受け、デンマーク出身のランドバーグは自身と家族を守るためにロシアを離れる決断を下したという。

家族を母国デンマークに送り届けた後、単身アメリカに渡ったランドバーグ。

そのランドバーグがロシアを離れてからの出来事とNBAデビューについて語った模様。The Arizona Republicが伝えている。

数週間はかなり慌ただしかった。

控え目に言ってもね。

動き回った。

やらなければならないことがたくさんあったんだ。

ビザを取得してロシアを抜け出すところから始まり、ここに来るためのビザを待つ。

そしてシステムに慣れ、皆に慣れなければならなかった。

全体的にはかなり良いプロセスだったんじゃないかな。

夢が叶った。

ここにいられるだけでハッピーさ。

ものすごく優秀なチームであり、すごくアンセルフィッシュなチームだ。

ハイスピードでプレイしているし、エネルギーもすごい。

このチームが共有してる意識と喜びが本当に好きなんだ。

ランドバーグは今季、CSKAモスクワで37試合に出場し、平均10.3得点、2.5リバウンド、2.5アシスト、1.1スティール、FG成功率46.1%、3P成功率33.8%を記録したという。

まだNBAでプレイするという夢は実現していないが、ランドバーグはもちろんランドバーグの家族とデンマークの人々もその日が来るのを心待ちにしていることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA