【スポンサーリンク】

レイカーズがビッグトレードを計画か?

レイカーズがビッグトレードを計画か?

ロサンゼルス・レイカーズにはNBAタイトル奪還の期待がかかっているものの、現時点で24勝24敗、ウェスタン・カンファレンス8位と十分な成績を残すことができていない。

トレードで獲得したNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックもレイカーズのシステムにフィットすることができず、勝率5割を行ったり来たりしているレイカーズ。

この状況を打開するため、レイカーズは現地2月10日のトレード期限までに大きく動くかもしれない。

lakersdaily.comによると、レイカーズは衝撃的なビッグトレードを計画しているという。

とはいえ、レイカーズには十分な資産がない。

ウェストブルックを求めるNBAチームはなく、NBAオールスターのレブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビスを除けば、複数年契約を結んでいるのはテイレン・ホートン・タッカーとケンドリック・ナンのみ。

つまり、レイカーズがビッグトレードを狙うためにはホートン・タッカーとナンをトレード要員に含めることになるだろう。

しかし、ホートン・カッターとナンのトレードでNBAオールスター選手を獲得できるとは考えにくい。

レイカーズはフィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズやデトロイト・ピストンズのジェラミ・グラント、オーランド・マジックのテレンス・ロス、トロント・ラプターズのゲイリー・トレントJrなどに関心を持っているというが、果たしてどのような計画を立てているのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA