【スポンサーリンク】

ウィル・バートンがデマーカス・カズンズとの口論について「何でもない」

ウィル・バートンがデマーカス・カズンズとの口論について「何でもない」

デンバー・ナゲッツのウィル・バートンは、現地18日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第2戦でチームメイトのデマーカス・カズンズと口論を繰り広げた。

バートンがタイムアウト中にカズンズに詰め寄ると、チームメイトたちが間に入る事態に発展してしまったが、バートンがこの件について説明した模様。

バートンはカズンズとの口論について次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

何でもない。

ただおもしろくない悪ふざけがいくつかあっただけだ。

楽しむべきではない悪ふざけがベンチでいくつかあった。

シリーズ中に、プレイオフ中に、ゲーム中にそういったことをやってはならない。

僕はもっとうまくやらなければならないね。

この日のバートンは終始苛立っており、チームメイトたちに不満をぶつけることも少なくなかったという。

バートンの態度を見たベテランのジェフ・グリーンは、「集中しろ!」と叱責したというが、ナゲッツはシリーズを通してウォリアーズに圧倒されているだけに、選手たちの不満は相当溜まっているのかもしれない。

バートンをはじめナゲッツの選手たちにはこの苦境を乗り越え、第3戦に反映させることを期待したいところだ。

なお、ファーストラウンド第1戦と第2戦のバートンのスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間35:3430:56
得点2412
リバウンド610
アシスト52
スティール01
ブロックショット10
ターンオーバー33
FG成功率55.6%
(10/18)
33.3%
(5/15)
3P成功率33.3%
(2/6)
50.0%
(2/4)
フリースロー成功率100%
(2/2)
+/--14-10

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA