【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセルが延長契約について「話したくない」

ディアンジェロ・ラッセルが延長契約について「話したくない」

ミネソタ・ティンバーウルブズのディアンジェロ・ラッセルは、この夏にウルブズと延長契約を結ぶことができる。

ラッセルはカール・アンソニー・タウンズ、アンソニー・エドワーズと共にウルブズを牽引する選手のひとりだが、メンフィス・グリズリーズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第6戦終盤にベンチに下げられたこともあり、それが延長契約に悪影響を及ぼす可能性があると報じられている。

では、ラッセルは延長契約についてどう考えているのだろうか?

The Star-Tribuneによると、延長契約について質問されたラッセルは次のように答えたという。

それについては話したくない。

何度も頭を悩ませてしまうからね。

僕は価値を見せるためにやれることはもうやった。

その時が来るまで、自分を楽しませるようなことはしたくない。

今季のウルブズは闘志を前面に出してプレイし、2017-18シーズン以来となるNBAプレイオフ進出を果たした。

契約内容がどうなるかは分からないが、ウルブズはおそらくラッセルをロスターに留めることを計画しているだろう。

ラッセルには来季もウルブズを牽引するパフォーマンスを見せ、今季以上の結果をもたらしてもらいたいところだ。

なお、ラッセルの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数656
平均出場時間32.032.7
平均得点18.112.0
平均リバウンド3.32.5
平均アシスト7.1
(キャリアハイ)
6.7
平均スティール1.01.5
平均ターンオーバー2.52.8
FG成功率41.1%33.3%
3P成功率34.0%38.7%
フリースロー成功率82.5%
(キャリアハイ)
75.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA