【スポンサーリンク】

ウィザーズのテッド・レオンシス「ダニエル・ギャフォードはコアピース」

ウィザーズのテッド・レオンシス「ダニエル・ギャフォードはコアピース」

NBAキャリア3年目を迎えているワシントン・ウィザーズのダニエル・ギャフォードは、今季2試合で平均3.0ブロックショットを記録するなど特にインサイドで存在感を放っている。

この夏にウィザーズと3年4020万ドルの延長契約を結び、ますますの成長が期待されているギャフォード。

ウィザーズのオーナーを務めるテッド・レオンシスによると、ウィザーズはギャフォードを中心選手のひとりとしてみなしているという。

レオンシスはギャフォードについて次のようにコメント。NBC Sports Washingtonが伝えている。

私は彼をコアピースだと思っている。

彼はディフェンスで存在感を放っている若いセンターだ。

彼がいた時、相手はレーンに侵入する前に考えていた。

何度かブロックショットされたことが彼らの脳裏をよぎったんだろうね。

これまでの我々にはあのようなサイズとスキル、跳躍力がある選手がずっといなかったんだ。

ウィザーズでは現在、先発センターのトーマス・ブライアントが離脱中だ。

ギャフォードはブライアント復帰後にセカンドユニットに回ると見られているが、この2試合の活躍を見る限り、ウィザーズにとって重要な選手のひとりとなるのは間違いないだろう。

ブライアントのようなアウトサイドシュートはないものの、ブライアントとギャフォードは他のNBAチームにとってインサイドの脅威になるに違いない。

なお、ギャフォードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数299
平均出場時間20.014.5
平均得点8.06.2
平均リバウンド3.53.5
平均アシスト0.50.5
平均スティール1.00.4
平均ブロックショット3.01.4
平均ターンオーバー1.00.7
FG成功率87.5%69.5%
フリースロー成功率66.7%62.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA