【スポンサーリンク】

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスに話をしていればよかった」

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスに話をしていればよかった」

NBAを代表するスーパースターのカイリー・アービングは、クリーブランド・キャバリアーズ時代にレブロン・ジェイムスとともにフランチャイズ初となるNBAタイトル獲得に貢献した。

だが、アービングはNBA選手としてより高みを目指すためにジェイムスと決別し、トレードでボストン・セルティックスに移籍。

その後のアービングは皆が知る通りだが、アービングが当時を振り返った模様。

アービングによると、彼自身が人間としてもっと成熟していればジェイムスとともにNBAタイトルを再び獲得し、キャブス王朝を構築することができたという。アービングのコメントをRealGMが伝えている。

もし僕が成熟していて、自分自身のことを理解していたら。

当時を振り返ると、僕たちは間違いなく、間違いなくもっとチャンピオンになれただろう。

なぜなら、僕が経験していることをマンツーマンでもっと良く理解してもらえただろうからね。

当時の僕は感情をどうシェアしたらいいのか分からなかった。

やり方が分からなかった。

だから、感情をシェアする代わりに自分自身を孤立させてしまったんだ。

あの時、僕は彼(ジェイムス)と話をしていなかった。

僕が当時経験していたことを振り返ると、彼に話をしていればよかったと思う。

なぜなら、僕たちの未来がどうなるのかよく理解できただろうからね。

僕たちはどれほど力を持っているのか分かっていた。

僕と彼がクリーブランドを一緒に牽引していれば、毎年より良いチームになっていただろう。

アービングによると、当時はメディアに追いかけられ、どう対処していいのか分からなかったという。

その後イスラム教を深く学ぶようになったというが、アービングは同じ経験をしないためにもケビン・デュラントと頻繁に話をし、デュラントとともにネッツを牽引し続けるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA