【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「僕の役割は犠牲になること」

ドワイト・ハワード「僕の役割は犠牲になること」

元NBAオールスターセンターのドワイト・ハワードは先日、ロサンゼルス・レイカーズに復帰した。

将来的にNBA殿堂入りが期待される選手が複数所属しているレイカーズは、最も注目を集めるNBAチームのひとつになったと言えるだろう。

だが、NBAチャンピオンが約束されたわけではない。

ハワードによると、NBAタイトルを獲得するためには犠牲の精神が不可欠だという。

ハワードは自身の役割について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

犠牲になることだと思う。

トロフィーを獲得するためには何を諦めなければならないのか?

ここに戻ってきた最初の年は、それについて考えていた。

「ドワイト、君は彼らに要求されたことをやれ。どんなに難しいことでもだ」という感じだった。

誰もがスコアリングしたいと思っているし、紙面の一面を飾りたいと思っているものさ。

結局のところ、トロフィーを掲げ、家族や都市、愛するすべての人々と祝うことは、それ以上に意味あることなんだ。

来季のレイカーズはレブロン・ジェイムス、アンソニ・デイビス、ラッセル・ウェストブルックを中心としたオフェンスを展開するだろう。

ハワードはセカンドユニットにおいて重要な一員となるだろうが、スコアリングのチャンスはそう多くないかもしれない。

だが、犠牲の精神を学んだハワードは身を粉にして働き、レイカーズのNBAタイトル奪還に貢献するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA