【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「3ポイントが撃てない選手はいらない」

チャールズ・バークレー「3ポイントが撃てない選手はいらない」

近年のNBAでは、3ポイントシュートを狙う選手が増加傾向にある。

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーとクレイ・トンプソンの”スプラッシュブラザーズ”はNBAの試合を変えたと評価されており、他のNBAチームもウォリアーズを追随するかのようにアウトサイドシュートを強化。

その結果、ガードやフォワードの選手だけでなくビッグマンにもアウトサイドシュートが求められるようになったが、これからのNBAで生き残るためには精度の高いアウトサイドシュートを身に付けなければならないのかもしれない。

NBAレジェンドのチャールズ・バークレーによると、偉大なシューター以外は積極的に3ポイントを狙うべきではないという。バークレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

3ポイントが撃てない選手はいらない。

ステフ、クレイ、ジェイムス(・ハーデン)、ケビン(・デュラント)。

僕はすべての素晴らしいシューターたちを求めている。

だが、NBAにおける問題は、得意ではないのに3ポイントを撃つ選手がいるということだ。

全員が偉大な3ポイントシューターになれるわけではない。

頼むからやめてくれ。

バークレーは3ポイント主体のNBAゲームを批判しているわけではない。

あくで精度が低い3ポイントを撃つのはやめるべきと主張しているわけだが、現状がすぐに変わることはないだろう。

近い未来のNBAではカリーやトンプソンなど偉大なシューターたちを見て育った選手が増えるため、アウトサイド主体のゲームはこれから先も続くかもしれない。

一方、アウトサイドシュートを得意としていない選手は他のスキルを磨き、チームに欠かせない選手になることが求められることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA