【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンが自身の状態について「時間をかけないと」

ジェイムス・ハーデンが自身の状態について「時間をかけないと」

ブルックリン・ネッツのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは、昨季までのようなパフォーマンスを見せることができていない。

NBAがシューティングモーション時のファウルルールを変更したことがハーデンのパフォーマンスに影響を及ぼしているという声もある中、ハーデンが自身の状態について言及した模様。

ハーデンによると、本来のパフォーマンスを発揮することができていないのは、ハムストリングのリハビリによりオフシーズン中に十分に準備できなかったことが大きな理由だという。ハーデンのコメントをESPNが伝えている。

この夏はピックアップゲームなどをプレイする機会がなかった。

3カ月ずっとリハビリだった。

1シーズンのうちに3度あったグレード2の怪我のリハビリだった。

だから、競い合ってプレイするのはまだ5試合目なんだ。

できるだけ早く元の状態に戻したいが、時間をかけなければならない。

そう話すハーデンだが、シューティングモーション時のルール変更が影響しているのも要因のひとつだろう。

昨季のハーデンは1試合あたり平均6.3本のフリースローを放ったものの、今季はわずか3.0本にとどまっている。

だが、ハーデンはこの苦境を乗り越え、自身のフォームを取り戻すに違いない。

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数5882
平均出場時間33.634.4
平均得点16.625.1
平均リバウンド7.05.5
平均アシスト8.06.5
平均スティール1.21.6
平均ターンオーバー4.63.7
FG成功率35.9%44.4%
3P成功率33.3%36.3%
フリースロー成功率93.3%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA