【スポンサーリンク】

アンソニー・エドワーズの身長が伸びる

アンソニー・エドワーズの身長が伸びる

2020年のNBAドラフト1位選手であるミネソタ・ティンバーウルブズのアンソニー・エドワーズは、素晴らしいルーキーシーズンを送った。

特にシーズン後半の成長は著しく、NBAを代表する選手への成長の可能性を感じさせたエドワーズ。

だが、伸びているのはコート上でのプレイだけではないようだ。

larrybrownsports.comによると、エドワーズのNBAドラフト時の身長は約193cmだったものの、この1年で約5cm伸び、約198cmになったという。

ウルブズのヘッドコーチを務めるクリス・フィンチもエドワーズの身長が伸びていることを認め、スモールボールで戦う時はパワーフォワードのポジションでプレイさせることも検討していると報じられている。

昨季は平均4.7リバウンドを記録した一方で、身長の伸びが影響したのか、最後の20試合では平均5.4リバウンドに数字を伸ばしたエドワーズ。

まだ20歳と若いエドワーズには、ますますの成長を期待して良さそうだ。

なお、エドワーズの昨季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21
出場試合数72
平均出場時間32.1
平均得点19.3
平均リバウンド4.7
平均アシスト2.9
平均スティール1.1
平均ターンオーバー2.2
FG成功率41.7%
3P成功率32.9%
フリースロー成功率77.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA