【スポンサーリンク】

テイレン・ホートン・タッカー「痛みはあるがやるしかない」

テイレン・ホートン・タッカー「痛みはあるがやるしかない」

NBAキャリア3年目を迎えているロサンゼルス・レイカーズのテイレン・ホートン・タッカーは、現地11日に行われたワシントン・ウィザーズ戦で15得点、5リバウンド、3アシスト、2スティールと素晴らしいパフォーマンスを見せ、レイカーズの勝利に貢献した。

ビッグマンのクリスタプス・ポルジンギスをかわして豪快なダンクを決めるなど、レイカーズに勢いをもたらしたホートン・タッカー。

だが、ここ最近のホートン・タッカーは左足首を捻挫した状態でプレイし続けているという。

ホートン・タッカーは左足首について次のようにコメント。latimes.comが伝えている。

グレード2の捻挫だ。

今も治療しているし、痛みがある。

その状態でプレイしている。

シーズンは終盤だし、僕たちには勝利が必要だ。

コートに出て助けなければならないと思っている。

だから、僕は痛みをおしてプレイしている。

痛みはあるが、やるしかないんだ。

ホートン・タッカーは個の力でドライブからシュートまで持っていける貴重な選手のひとりだ。

アンソニー・デイビスのスコアリングがない中、ホートン・タッカーには大きな役割が求められている。

ホートン・タッカーにとっても成長の大きな機会でもあり、このチャンスを何としてもものにしたいところだろう。

苦しい戦いが続いているレイカーズにおいて、ホートン・タッカーが鍵となる選手のひとりであるのは間違いないのかもしれない。

なお、ホートン・タッカーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数48119
平均出場時間26.122.2
平均得点9.6
(キャリアハイ)
9.1
平均リバウンド3.3
(キャリアハイ)
2.8
平均アシスト2.62.6
平均スティール0.9
(キャリアワースト)
1.0
平均ターンオーバー1.41.5
FG成功率41.6%
(キャリアワースト)
43.9%
3P成功率27.3%
(キャリアワースト)
27.9%
フリースロー成功率78.7%
(キャリアハイ)
77.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA