【スポンサーリンク】

レイカーズがバディ・ヒールドを獲得するためのトレード案とは?

レイカーズがバディ・ヒールドを獲得するためのトレード案とは?

NBAタイトル奪還を目指すロサンゼルス・レイカーズは、オフシーズン中にバディ・ヒールド獲得を狙っていた。

レイカーズはカイル・クーズマなど複数の選手をトレード要員としてキングスにオファーを出していたというが、NBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックを獲得できるチャンスがあると知ると、急遽方針転換。

レイカーズはキングスとのトレード交渉を打ち切り、クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレルをトレード要員としてウェストブルック獲得に成功した。

その結果、ヒールドは今季もキングスのユニフォームを着てプレイすることになったわけだが、ヒールド獲得を見送ったことを批判するレイカーズファンは少なくない。

そんな中、fadeawayworld.netがあるトレードプランを提案した模様。

fadeawayworld.netによると、レイカーズはキングスの他、フィラデルフィア・セブンティシクサーズをトレードに巻き込むことでヒールドを獲得できるという。

このトレード案では、以下の選手が移籍することになる。

ロサンゼルス・レイカーズ

キングスからハリソン・バーンズとヒールドを獲得。

シクサーズにウェストブルックと2026年のNBAドラフト1巡目指名権を放出。

サクラメント・キングス

シクサーズからベン・シモンズとダニー・グリーンを獲得。

レイカーズにヒールドとバーンズを、シクサーズにダビオン・ミチェルと2023年のNBAドラフト1巡目指名権、2025年のNBAドラフト1巡目指名権を放出。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

レイカーズからウェストブルックと2026年のNBAドラフト1巡目指名権を、キングスからミッチェルと2023年のNBAドラフト1巡目指名権、2025年のNBAドラフト1巡目指名権を獲得。

キングスにベン・シモンズとダニー・グリーンを放出。


レイカーズはアウトサイドシュートの強化を必要としており、NBA屈指のシューターであるヒールドを獲得できれば、アンソニー・デイビスのインサイドプレイやレブロン・ジェイムスのドライブはより容易になるだろう。

ただ、現時点でウェストブルックをトレードで放出するとは考えがたい。

とはいえ、シモンズとのトレードでNBAオールスター選手の獲得を狙っているシクサーズにとっては、魅力的なトレードとなる可能性がある。

果たしてこのトレード案は実現するのだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA