【スポンサーリンク】

タイラー・ヒーロー「僕たちはイースト首位」

タイラー・ヒーロー「僕たちはイースト首位」

マイアミ・ヒートは現在46勝24敗で、イースタン・カンファレンス首位を走っている。

2年前はNBAファイナルに進出したものの、レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するロサンゼルス・レイカーズに屈したヒート。

今季のヒートが躍進を遂げている大きな理由のひとつは、NBAキャリア3年目を迎えているタイラー・ヒーローの成長だろう。

そのヒーローが、ヒートについて語った模様。

ヒーローによると、人々はヒートをもっとリスペクトすべきだという。ヒーローのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

君たちも分かっていると思う。

僕たちはバブルの外で良いプレイができる。

今、僕たちはイーストの首位だ。

イーストがどれほど熾烈なのか、僕たちは分かっている。

僕たちはバブルの外にいる。

プレイオフの準備はできている。

タイトルを争えるポジションにいるんだ。

ヒートはNBAオールスターのジミー・バトラーを中心としたチームだ。

だが、バトラーはゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーやロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムス、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントやカイリー・アービングのような、いわゆるスーパースターではない。

NBAタイトルを獲得するためにはスーパースターが必要とされるものの、ヒートは2004年のデトロイト・ピストンズのように高いチーム力を誇るチームだ。

今季のイーストはバックスやブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ボストン・セルティックス、シカゴ・ブルズなどNBAタイトルコンテンダーが多く、プレイオフを勝ち抜くのは簡単ではないだろう。

だが、オフェンスとディフェンスのバランスがとれたヒートはプレイオフを勝ち上がり、2年前のリベンジを達成するに違いない。

なお、ヒーローの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数57166
平均出場時間32.830.2
平均得点21.0
(キャリアハイ)
16.6
平均リバウンド4.84.6
平均アシスト3.8
(キャリアハイ)
3.2
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.7
平均ターンオーバー2.62.0
FG成功率44.3%
(キャリアハイ)
43.8%
3P成功率39.3%
(キャリアハイ)
38.2%
フリースロー成功率86.7%85.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    今季はバックスの天敵大復活って感じだけど未知数かな

  2. By 匿名

    バブルのことめっちゃ気にしてて草

*

CAPTCHA