【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「常に犠牲を払ってきた」

ラッセル・ウェストブルック「常に犠牲を払ってきた」

ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックは先日、来季のプレイヤーオプションを行使し、来季もレイカーズの一員としてレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビスと共にプレイすることを示唆した。

ジェイムス、デイビス、ウェストブルックが共にコートに立ったのはわずか21試合だったため、ケミストリーを構築する時間が十分になかったのは間違いないだろう。

だが、ウェストブルックがジェイムスとデイビスにフィットしていないという見方も少なくない。

しかし、ウェストブルックによると、今季は「自分らしい」プレイができなかったという。ウェストブルックのコメントをlakersnation.comが伝えている。

僕はただ自分の道を見つけようとしていただけだ。

正直言うと、要求されたことは何でもやろうとした。

それがチームにとってベストであろうとなかろうと、僕はただ要求されたことをやるだけだ。

同意できないことも何度かあった。

だが、チームのためならどんなことでもやった。

負けたことにはフラストレーションを感じている。

大きな犠牲を払い、異なるプレイスタイルを見つけ、異なることをやる。

僕はそのようなポジションにいたのに、それでも僕たちは負けている。

つまり、僕にとってはあまり意味あることではなかったんだ。

僕は常に自分自身を証明しなければならない。

シーズンのたびにそうしなければならない。

それは不公平だ。

僕にそうしなければならない理由はない。

初めてここに来た時、僕は公平なチャンスを与えられないと感じた。

このチームを助けるために必要な自分になるチャンスを与えられないと感じたんだ。

僕がこの組織にもたらすものはバスケットボールだけではない。

それだけではない。

僕は人生をあらゆる観点で見ている。

コミュニティであろうと、リーダーシップであろうと、友情を築いたチームメイトたちや他の人々を助けるために異なることをやろうとね。

人生においてバスケットボールは短い期間であり、その間に友情や関係を築く能力を持つことが重要であり、それがより大きな目標なんだ。

僕が「こんなことはやらない」ということはなかった。

「僕はこのチームにもたらすことを証明できる、僕の能力で勝利を助けることができる」といったような会話はあった。

僕はそういうカードになれなかったのかもしれない。

君たちも知っての通り、コーチングスタッフが望むようなプレイはできなかったかもしれない。

だが、「僕はこんなことやらない」となったことは一度もないよ。

僕がこれまで置かれていた状況を見てみてくれ。

僕は犠牲にならなければならなかった。

D.C.であろうと、ヒューストンであろうと、オクラホマシティであろうとね。

それは問題ではない。

実際に僕は犠牲になることができた。

だから、僕にとっては奇妙なことだ。

なぜなら、僕は常に「彼は本当に犠牲を払おうとしているのか?」と疑問視されているからね。

ウェストブルックによると、求められたことに対する結果は受け入れるものの、レイカーズはジェイムスとデイビスが離脱している間のウェストブルックの役割について話をすべきだったとという。

レイカーズはこじれにこじれてしまったように思えるが、もしウェストブルックを残留させるなら、「犠牲」のあり方について徹底的に話し合ったほうが良いのかもしれない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    むしろ壊れてはない
    この一貫性こそラス・ウェスト
    暴走だ

  2. By 匿名

    もうメンタルが破壊されてる

  3. By 匿名

    これまでずっと周りに犠牲を強いてきた人が何言ってんだ

  4. By 匿名

    いうてNBA選手に説教できる立場でもないやろ

  5. By 匿名

    メロと一緒かよ
    ほんとに取り組んでる人は自分から言わないし、まだ足りないんじゃないか?とかをもっと考えるよ

    で実際はできないんだよ

*

CAPTCHA