【スポンサーリンク】

レイカーズの不調要因はアンソニー・デイビス?

レイカーズの不調要因はアンソニー・デイビス?

NBAタイトル奪還を狙うロサンゼルス・レイカーズは、レブロン・ジェイムス、ラッセル・ウェストブルック、アンソニー・デイビスを中心としたチームだ。

その他にもカーメロ・アンソニーやラジョン・ロンド、ドワイト・ハワードなどビッグネームを擁しているレイカーズは、NBAタイトル獲得に十分なロスターに仕上げたと言えるだろう。

だが、今季ここまで13勝13敗と期待に応えるパフォーマンスを見せることができない。

その要因はチームとして安定したプレイができていないこととされているが、デイビスが精彩を欠いているのもひとつの要因なのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、今季のデイビスが100ポゼッションあたりマイナス3.2のネットレーティングにとどまっている一方で、デイビスがコートにいない時のレイカーズのネットレーティングはプラス5.0を記録しているという。

この数字を受け、SNS上ではデイビスに対する批判が相次いでいる。

デイビスはスタッツ上では十分な数字を記録しているものの、これまでのNBAキャリアを考えるとまだまだ不十分と言えるだろう。

ここ最近はラッセル・ウェストブルックが調子を取り戻しつつあるが、今後はデイビスの復調が大きな鍵となりそうだ。

果たしてデイビスは本来のパフォーマンスを取り戻し、レイカーズをNBAタイトル奪還に導くことができるだろうか?

なお、デイビスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数25589
平均出場時間35.834.5
平均得点24.023.9
平均リバウンド10.210.2
平均アシスト3.02.3
平均スティール1.31.4
平均ブロックショット2.22.3
平均ターンオーバー2.01.9
FG成功率52.3%51.4%
3P成功率19.2%
(キャリアワースト)
30.5%
フリースロー成功率72.3%
(キャリアワースト)
79.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA