【スポンサーリンク】

ケリー・ウーブレの3つのトレード案とは?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケリー・ウーブレには、トレードの噂が浮上している。

ウォリアーズを指揮するスティーブ・カーHCは、ウーブレを「彼は非常に才能ある選手」、「スタートが遅かっただけで最近は才能があることを証明している」と評価。

カーHCの評価を聞く限り、ウォリアーズがウーブレをトレードで放出する可能性は低いと言えるだろう。

だが、NBAプレイオフ進出により近づけるのであれば、ウーブレをトレードで放出する可能性はゼロではない。

そんな中、ウーブレの3つのトレードが提案された。

heavy.comによると、以下に挙げる3つのトレードであれば、ウォリアーズのNBAプレイオフ進出はさらに近づくという。

ニューオーリンズ・ペリカンズとのトレード

ロンゾ・ボール

ウーブレと2023年のNBAドラフト1巡目指名権を放出し、ロンゾ・ボールとニコロ・メッリを獲得。

ウーブレにとってニューオーリンズはホームであり、ペリカンズはウーブレに興味を持っていると噂されている。

このトレードが成立した場合、ペリカンズはブランドン・イングラムとザイオン・ウィリアムソンに次ぐ可能性があるスコアリングオプションを手にできるだろう。

ウォリアーズにとってもNBA有数のプレイメイカーを手にできるトレードとなる。

マイアミ・ヒートとのトレード

アンドレ・イグダーラ

ウォリアーズはウーブレをマイアミ・ヒートに放出し、ベテランフォワードのアンドレ・イグダーラと未来のNBAドラフト1巡目指名権を獲得。

ウォリアーズがイグダーラを放出した時、イグダーラは「現役引退を考えた」と胸中を明かしていた。

37歳という年齢ではあるが、ヒートでは主力のひとりとして活躍。

馴染みあるウォリアーズのシステムには問題なくフィットするだろう。

一方、ディフェンスを課題としているヒートにとって、ウーブレのディフェンスは貴重なオプションになる可能性がある。

オーランド・マジックとのトレード

エバン・フォーニエ

ウォリアーズはウーブレとNBAドラフト2巡目指名権をオーランド・マジックに放出し、ベテランポイントガードのエバン・フォーニエを獲得。

マジックにとって今季の多くの負傷欠場しているフォーニエを放出し、スコアリングとディフェンスに定評あるウーブレを獲得できれば、戦力アップにつながるだろう。

一方、フォーニエが健康な状態を維持できれば、ウォリアーズにとって大きなスコアリングオプションになるのは間違いない。

なお、フォーニエは今季終了後に完全FAになる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA