【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレー「マネキンのようにその場にいてはダメだ」

チャールズ・バークレー「マネキンのようにその場にいてはダメだ」

近年のNBAでは、アウトサイドショットとプレイメイクが重視されている。

インサイドアウトやクロスコートパスなどでアウトサイドに待っているチームメイトにボールを供給し、いかにオープンな状態で3Pを放つかが鍵になっているとも言えるだろう。

だが、NBAレジェンドのチャールズ・バークレーによると、NBA選手たちはその戦略に甘んじ、基礎を学んでいないという。

バークレーは近年のNBAゲームについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

NBAを傷つけていると私が思うことのひとつは、ただその場に立っているだけのシューターが多いということだ。

彼らはただ立っているだけ。

ボールを持ち、頭を下げ、動く。

自分たちのゲームに取り組め。

ドリブルを学べ。

まるでマネキンのようにただその場に立ち尽くすな。

アウトサイドゲームが主流となったのは、ステフィン・カリーとクレイ・トンプソンというNBA最強のシューターを擁したゴールデンステイト・ウォリアーズの影響が大きいだろう。

だが、彼らはその場に立ち尽くすことなく、常に動き回ってチャンスを探していた。

一方、ボールハンドラーのドライブをただ待ち、王朝時代のウォリアーズのような流動性がないNBAチームは少なくない。

バークレーが話したように、それぞれの選手がスキルに磨きをかけることにより、チームのオフェンスはより広がりを見せることになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA