【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンとチームメイトたちの関係が悪化?

ヒューストン・ロケッツのラッセル・ウェストブルックは現地11日、他のNBAチームへのトレードを望んでいると報じられた。

ウェストブルックはロケッツの組織に不満を感じ、移籍を求めているというが、友人ジェイムス・ハーデンとの関係悪化も噂されている。

だが、ハーデンとの関係が悪化しているのはウェストブルックだけではないのかもしれない。

clutchpoints.comによると、ウェストブルックをはじめとした複数のチームメイトがハーデンの責任感欠如を批判し、関係が悪化しているという。

ことの始まりは今年1月、ホームでポートランド・トレイルブレイザーズに敗れた後だ。

この試合で31得点、11リバウンド、12アシストを記録したウェストブルックはロッカールームでミーティングを主導。

自身をはじめ、チームメイトたちに修正すべき点を指摘したというが、チームメイトたちがウェストブルックの指摘を受け入れ、チーム一丸となって連敗ストップを誓った中、ハーデンは他のチームメイトたちからの指摘を受け入れなかったと報じられている。

ハーデンはこの試合で13得点と精彩を欠いただけに、チームメイトたちがハーデンの態度に納得できないのは不思議ではないかもしれない。

もしハーデンに問題があるのなら、ロケッツは今後難しい舵取りを強いられるだろう。

なお、ハーデンにはドワイト・ハワードやクリス・ポールと関係悪化に陥った過去がある。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    過去にチームメイトは皆んなただのロールプレイヤーだって発言してチームメイトから猛烈に批判されて自分はチーム唯一のスター選手だと思い込んでるくせに責任は一切負わないとか最悪の選手やろ

*

CAPTCHA