【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「ドリームチームで最も価値があったのはスコッティ・ピッペン」

NBAレジェンドのスコッティ・ピッペンは、”バスケットボールの神様”ことマイケル・ジョーダンとともにシカゴ・ブルズを2度のスリーピートに導いたNBA史上最も偉大なプレイヤーのひとりだ。

だが、圧倒的な存在感を放ったジョーダンの影に隠れ、過小評価されているという声も少なくない。

それを最も感じているのは、元NBAプレイヤーのギルバート・アリーナスなのかもしれない。

アリーナスによると、初代ドリームチームで最も価値があった選手ははジョーダンでもマジック・ジョンソンでもなく、ピッペンだという。アリーナスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

人々はUSAチームのことを分かっていない。

彼(ピッペン)はアシストでチームをリードした。

世界最高のポイントガードのマジックでもなければ、ジョン・ストックトンでもなかった。

スコッティ・ピッペンだったんだ。

彼が最も価値ある男だ。

なぜなら、彼はジョーダンから(チャールズ・)バークレーへのパスをつなぎ、バークレーから(クリス・)マリンへのパスをつなぎ、マリンからデイビッド・ロビンソンへのパスをつないだ唯一の男だったからね。

彼は他の男たちのために自らを犠牲にしたんだ。

彼があのチームで最も価値ある男さ。

ピッペンはジョーダンのように率先してチームを牽引するタイプではなかった。

だが、彼のヘルプディフェンスやプレイメイキングはNBA随一であり、ピッペンがいなければブルズは2度のスリーピート達成できなかっただろう。

NBAチャンピオンになるためには、誰かが自身を犠牲にし、チームのために尽くさなければならない。

ピッペンはまさにそれを体現した偉大なプレイヤーだったと言えそうだ。

なお、ピッペンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリアスタッツ
所属チームシカゴ・ブルズ
ヒューストン・ロケッツ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
出場試合数1178
平均出場時間34.9
平均得点16.1
平均リバウンド6.4
平均アシスト5.2
平均スティール2.0
平均ブロックショット0.8
平均ターンオーバー2.8
FG成功率47.3%
3P成功率32.6%
フリースロー成功率70.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA