【スポンサーリンク】

ドック・リバースHCがレイカーズのヘッドコーチ就任の噂について「今は仕事がある」

ドック・リバースHCがレイカーズのヘッドコーチ就任の噂について「今は仕事がある」

フランク・ボーゲルHCを解雇したロサンゼルス・レイカーズは現在、新たなヘッドコーチを探している。

現在候補として噂されているのは、トロント・ラプターズのニック・ナースHC、ユタ・ジャズのクイン・スナイダーHC、ミシガン大学のジュワン・ハワードHC、現在NBAアナリストとして活動しているマーク・ジャクソン、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドック・リバースHCだ。

だが、ナースHCとスナイダーHC、ハワードHCはそれぞれのチームを指揮し続けると見られている。

では、リバースHCはレイカーズへの移籍の噂をどう感じているのだろうか?

lakersdaily.comによると、リバースHCはレイカーズのヘッドコーチ候補に挙がっていることについて質問されると、次のように答えたという。

僕には仕事がある。

僕たちはここ(シクサーズ)で勝ちたい。

フィリーでは全体的に満足しているよ。

もしシクサーズがNBAプレイオフを勝ち進むことができなければ、シクサーズとリバースHCは決別する可能性があるとされている。

レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンカは先日、新たなヘッドコーチに求める要素のひとつに「NBAスターをコーチングした経験がある」ことを挙げたわけだが、リバースHCは数々のスーパースターをコーチングした経験を持つコーチだ。

また、ロサンゼルス・クリッパーズを指揮した経験もあり、ロサンゼルスという土地柄に慣れているのもポジティブな要素と言えるだろう。

とはいえ、多くのレイカーズファンは数々の大逆転負けの実績もあるリバースHCに納得できないかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA