【スポンサーリンク】

デレック・フィッシャー レイカーズのコーチに就任する可能性は?

一部情報筋によると、ロサンゼルス・レイカーズのコービー・ブライアントは次期ヘッドコーチに旧友デレック・フィッシャーを希望しているという。

レイカーズの幹部は次期ヘッドコーチの選考にブライアントの意見は関係しないとしているものの、やはりブライアントの影響力は絶大だ。

果たしてフィッシャーがコーチとしてレイカーズに戻ってくる可能性はあるのだろうか?

それには3つの課題がある。

フィッシャーは現役を引退するか?

フィッシャーは現役引退を正式に表明していない。

今後数日中に決断を下すとしているが、今季のパフォーマンスを見る限り、まだ第一線で活躍できるだろう。

また、現役続行を希望する場合、サンダーが選手兼アシスタントコーチの契約を用意するとも噂されている。

ニューヨーク・ニックスとフィッシャーの関係

フィッシャーが現役を引退した場合、ニューヨーク・ニックスがヘッドコーチとして迎え入れたい意向を示している。

恩師でもあるフィル・ジャクソンが球団社長に就任したことにより、少なくともフィッシャーはジャクソン球団社長の話を聞くことになるだろう。

コービー・ブライアントに対するコーチング

ブライアントをコーチングするのは簡単なことではない。

現役引退直後にブルックリン・ネッツのヘッドコーチに就任したジェイソン・キッドは、就任当初チームを勝利に導くことができなかった。

だが、ポール・ピアースとケビン・ガーネットをサポートとして起用することで、ネッツの成績は急上昇したのだ。

しかし、ブライアントをピアースやガーネットと比較してはならない。

ブライアントは先発起用を望み、自身の力でチームを牽引しようとするだろう。


これらの課題が解決すれば、古巣レイカーズにコーチとして復帰する可能性は十分ある。

フィッシャーは数日中に引退か現役続行かを決断するようだが、まずはその決断に注目したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA