【スポンサーリンク】

ケンバ・ウォーカーとセルティックスがトレードで意見一致?

ケンバ・ウォーカーとセルティックスがトレードで意見一致?

ボストン・セルティックスは約2年前、NBAオールスターポイントガードのカイリー・アービングを失ったことを受け、同じくNBAオールスターのケンバ・ウォーカーを獲得した。

ウォーカーにはジェイソン・テイタム、ジェイレン・ブラウンとビッグ3を結成し、セルティックスをNBAチャンピオンに導く働きが期待されていたが、ウォーカーは怪我が相次ぎ、セルティックス入団後の2シーズンで99試合の出場にとどまっている。

このような結果を受け、ウォーカーは来季からセルティックス以外のNBAチームでプレイすることになるかもしれない。

Bleacher Reportによると、セルティックスとウォーカーは関係を解消することで一致し、このオフシーズン中にトレードするシナリオを立てているという。

セルティックスは昨年のオフシーズン中にもウォーカーをトレードで放出しようとし、当時はジュルー・ホリデー獲得を狙っていた。

ウォーカーの契約はあと2年残っており、これがトレードを難しくしたというが、健康な時のウォーカーはNBA屈指のスコアラーでもあるため、特にポイントガードの強化を必要としているNBAチームから注目されるだろう。

なお、ポイントガードのポジションのアップグレードを必要としているニューヨーク・ニックスとダラス・マーベリックスがウォーカーに興味を持っていると報じられている。

このオフシーズンにはロサンゼルス・レイカーズのデニス・シュルーダーやトロント・ラプターズのカイル・ラウリー、ユタ・ジャズのマイク・コンリーがFAになることもあり、特にポイントガードのポジション強化を狙うチームにとっては大きなオフシーズンとなりそうだ。

ウォーカーのトレード後の2シーズンとトレード前の8シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

トレード後トレード前
出場試合数99605
平均出場時間31.434.1
平均得点19.919.8
平均リバウンド3.93.8
平均アシスト4.85.5
平均スティール1.01.3
平均ターンオーバー2.12.2
FG成功率42.3%41.8%
3P成功率37.2%35.7%
フリースロー成功率87.7%83.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA