【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが古巣セルティックス戦を前に「物語の最も良いところ」

カイリー・アービングが古巣セルティックス戦を前に「物語の最も良いところ」

NBAを代表するスーパースターのケビン・デュラントとカイリー・アービングを擁するブルックリン・ネッツは、第7シードでNBAプレイオフ進出を決めた。

ネッツがファーストラウンドで対戦するのは、ジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンという強力なデュオを擁するボストン・セルティックス。

セルティックスファンはホームゲームでは全力でセルティックスをサポートすると同時に、元セルティックスのアービングに強烈なブーイングを浴びせ続けるだろう。

そんな中、アービングがセルティックスとのシリーズについて言及した模様。

アービングによると、互いに過去を過去とし、このシリーズが前に進むきっかけになることを願っているという。アービングのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕のボストン時代を過去のものにできたらと思う。

TDガーデンで僕のハイライトが流れるようになったら良いなと思っている。

前に進もう。

新たなパラダイムだ。

彼らを避けたいと言ったことはない。

これは物語の最も良いところなんだ。

僕たちはボストンと対戦し、僕たち自身を取り戻すチャンスを得る。

彼らは健康なチームであり、僕たちも健康なチームだ。

さあ、どちらが良いチームなのか見てみよう。

アービングは以前、TDガーデンでの試合終了後にコート中央にあるセルティックスのマスコットを踏みつけたことがある。

セルティックスファンは怒りを爆発させ、アービングを痛烈に批判したわけだが、アービングはこの件について以下のように語っている。

あれはゲームの一部であり、大きな問題ではない。

競技の中ではすべてが公平だ。

感情が昂ぶると、どんなことだって起こり得る。

僕は冷静に試合に臨みたいと思っているし、その他のノイズについては気にしないようにしたいんだ。

セルティックスはいま最も勢いに乗っているNBAチームのひとつであり、ネッツはデュラントとアービングを擁しているとはいえ、タフなマッチアップを強いられるだろう。

アービングにとってはフィジカルだけでなくメンタルにおいても厳しい戦いになるだろうが、セルティックスでの日々を過去のものとすべく、圧倒的なパフォーマンスを見せるに違いない。

なお、ネッツではベン・シモンズがファーストラウンド第4戦以降、セルティックスではロバート・ウィリアムスがファーストラウンド第6戦もしくは第7戦で復帰する可能性があると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA