【スポンサーリンク】

ウルブズがディアンジェロ・ラッセルをトレード?

ウルブズがディアンジェロ・ラッセルをトレード?

ミネソタ・ティンバーウルブズは今季、2017-18シーズン以来となるNBAプレイオフ進出を果たした。

NBAオールスターのジャ・モラント擁するグリズリーズにファーストラウンドで敗れてしまったものの、来季以降に向けて意義あるシーズンだったと言えるだろう。

だが、ウルブズはNBAチャンピオンを目指すため、ポイントガードのポジションに手を加えることを検討しているのかもしれない。

RealGMによると、多くのNBAチームの幹部はウルブズがラッセルをトレードで放出すると見ているという。

元NBAオールスターポイントガードのラッセルは今季、平均18.1得点、、7.1リバウンドを記録するなど、司令塔としてウルブズを牽引。

だが、NBAプレイオフでは十分なパフォーマンスを見せることができず、ファーストラウンド第6戦の終盤はベンチで過ごすことになってしまった。

とはいえ、まだ26歳と若いラッセルをトレード要員にすれば、それなりの見返りを得ることができるだろう。

一方で、ラッセルの親友であるカール・アンソニー・タウンズの反応が気になるところだ。

なお、ラッセルの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数656
平均出場時間32.032.7
平均得点18.112.0
平均リバウンド3.32.5
平均アシスト7.16.7
平均スティール1.01.5
平均ターンオーバー2.52.8
FG成功率41.1%33.3%
3P成功率34.0%38.7%
フリースロー成功率82.5%75.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA