【スポンサーリンク】

ニックスがケンバ・ウォーカーをローテーションから外す

ニックスがケンバ・ウォーカーをローテーションから外す

元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーには、ニューヨーク・ニックスを牽引する働きが求められている。

だが、ウォーカーは十分なパフォーマンスを見せることができておらず、NBAオールスターのジュリアス・アービングランドルとの相性問題を指摘する声も少なくない。

このような状況を受けてか、ニックスを指揮するトム・ティボドーHCは大きな決断を下した模様。

The Athleticの記者によると、ティボドーHCは現地29日、ウォーカーを先発ポイントガードのポジションだけでなくローテーションからも外したことを明かしたという。

また、先発ポイントガードにはアレック・バークスを起用するとしている。

ウォーカーは膝に問題を抱えており、今季も出場時間をマネジメントされている。

また、ディフェンスでも十分なパフォーマンスを見せることができず、ウォーカーがコートにいる時のディフェンスレーティングは116.3、ネットレーティングはマイナス13.3であるのに対し、ベンチにいる時のディフェンスレーティングは99.0、ネットレーティングはプラス11.2と、ニックスはウォーカー不在のほうが良い数字を残しているのだ。

ウォーカーを長期的にローテーションから外すのか、それとも短期的にとどまるのかは分からないが、今後はトレードの噂もつきまとうことになるだろう。

なお、ウォーカーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数18722
平均出場時間24.533.5
平均得点11.7
(キャリアワースト)
19.7
平均リバウンド2.6
(キャリアワースト)
3.8
平均アシスト3.1
(キャリアワースト)
5.3
平均スティール1.11.3
平均ターンオーバー1.32.1
FG成功率42.9%41.9%
3P成功率41.3%
(キャリアハイ)
36.1%
フリースロー成功率80.0%84.0%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ジュリアス・アービング・ランドル、既に訂正済みでしたが、ランドルにドクターJのジャンプ力と敏捷性を付加した最強スコアラー?

  2. By 匿名

    ドクターJ

*

CAPTCHA