【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「レイカーズ時代のロンゾ・ボールは本来の彼ではなかった」

アレックス・カルーソ「レイカーズ時代のロンゾ・ボールは本来の彼ではなかった」

オフシーズン中のサイン&トレードでニューオーリンズ・ペリカンズからシカゴ・ブルズに移籍したロンゾ・ボールは、ブルズの一員として素晴らしいパフォーマンスを続けている。

かつて問題視されていたアウトサイドシュートは明らかに改善し、今季はNBAキャリアベストとなる3P成功率44.7%を記録しているボール。

では、ボールはなぜロサンゼルス・レイカーズ時代に十分なパフォーマンスを発揮することができなかったのだろうか?

レイカーズ時代のチームメイトであり、ブルズでボールと再会したアレックス・カルーソによると、レイカーズ時代のボールはレイカーズが求めることに合わせようとしていたという。カルーソのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ロサンゼルスにいた時の彼は違うゲームをプレイしようとしていたと思う。

NBAのポイントガードに求められていることや、彼ら(レイカーズ)に求められていることに合わせようとしていた。

ここ1年、1年半の間に、彼は彼のゲームをプレイし始めた。

気負うことなくね。

オープンならシュートを撃つ。

ブレイクの時はプッシュし、速いプレイをする。

高校の時の彼はそういうプレイをしていた。

大学でもそういうプレイをしていた。

だからこそ、彼はドラフト2位で指名されたのさ。

ボールはチームメイトたちからの信頼を勝ち取っており、NBAオールスターのザック・ラビーンによると、ボールは「ゲームにおいて最高のパサーのひとり」だという。

ブルズにはラビーンやデマー・デローザン、ニコラ・ブーチェビッチという得点源がいるため、ボールが積極的にスコアリングを狙うことはないだろう。

だが、ボールが高精度のシュートを放ち続ける限り、彼らの負担が軽くなるのは間違いない。

ブルズのNBAタイトル獲得の鍵を握るのは、ボールのパフォーマンスにかかっていると言えそうだ。

なお、ボールの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数11228
平均出場時間34.832.3
平均得点12.611.8
平均リバウンド5.55.8
平均アシスト4.5
(キャリアワースト)
6.3
平均スティール1.61.5
平均ターンオーバー2.42.5
FG成功率41.3%39.8%
3P成功率44.7%
(キャリアハイ)
35.8%
フリースロー成功率83.3%
(キャリアハイ)
56.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA