【スポンサーリンク】

クレイ・トンプソンがビッグ3揃い踏みに「魔法のようだった」

クレイ・トンプソンがビッグ3揃い踏みに「魔法のようだった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンが、現地14日に行われたワシントン・ウィザーズ戦で共にコートに立った。

今季トンプソンが復帰した時、グリーンは一瞬だけコートに立ったものの、負傷離脱中ということもありプレイせずにベンチに下がったため、彼ら3人が共にプレイするのは2019年のNBAファイナル以来初となった。

長く辛いリハビリを乗り越えてNBAゲームに復帰したトンプソンにとって、この日は感慨深い試合になったのかもしれない。

トンプソンはウィザーズに快勝した後、ウォリアーズのビッグ3揃い踏みについて次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

魔法のようだった。

これからの試合も楽しみだ。

なぜなら、僕たちはケミストリーを築いていくだろうし、楽しくなると思うんだ。

僕は彼らと毎晩一緒にいられることに感謝している。

あるスタッツを見たんだ。

NBAプレイオフの試合で僕たちが先発出場すると、そのシリーズは負けたことが一度もない。

その傾向が2022年も続くことを願っている。

グリーンは長期離脱明けということもあり、出場時間に制限がかかった。

だが、早くも”グリーン効果”が表れたのか、この日はNBA史上最高のシューターであるカリーが7本の3ポイントを含む47得点と大爆発。

トンプソンも20得点を記録し、ウォリアーズの勝利に貢献した。

一時代を築いた3人が揃ったことにより、ウォリアーズはますます危険なNBAチームになるに違いない。

なお、ウィザーズ戦のカリー、トンプソン、グリーンのスタッツは以下の通りとなっている。

S・カリーK・トンプソンD・グリーン
出場時間353320
得点47206
リバウンド647
アシスト616
スティール101
ターンオーバー213
FG成功率64.0%
(16/25)
36.8%
(7/19)
50.0%
(2/4)
3P成功率50.0%
(7/14)
33.3%
(4/12)
33.3%
(1/3)
フリースロー成功率100%
(8/8)
100%
(2/2)
50.0%
(1/2)
+/-+170+24

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA