【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードがセルティックスをディスる?

ジョエル・エンビードがセルティックスをディスる?

NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビード擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズは先日、シャーロット・ホーネッツに11点差で敗れた。

だが、現地14日にボストン・セルティックスを12点差で下すと、同15日はマイアミ・ヒートに11点差で勝利し、2連勝を飾った。

そんな中、シクサーズがセルティックスを下した後のエンビードの発言が注目を集めている。

larrybrownsports.comによると、エンビードはセルティックスを二桁点差で下した後、次のようにコメントしたという。

シャーロットは本当によくボールを回すチームだ。

彼らにはどのポジションにもシューターがいる。

彼らは何本もジャンプショットを決めてみせた。

ボストンはアイソレーションがあまりに多いチームだから、止めるのは簡単なんだ。

セルティックスはNBAオールスターのジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを中心としたチームだ。

だが、シーズン序盤にマーカス・スマートが指摘したように、テイタムとブラウンはアイソレーションで攻めるケースが多く、ボールムーブメントに問題があると評価するNBAアナリストは少なくない。

NBA選手が試合後のメディアインタビューで相手チームを酷評することはほとんどなく、基本的には自分たちのチームの問題点や成功点を口にする。

しかし、エンビードがセルティックスの問題点に言及したということは、それほどセルティックスのアイソレーションのオフェンスが目立っていたのかもしれない。

とはいえ、セルティックスはここ5試合で4勝とギアを上げつつある。

セルティックスの選手たちはさらに白星を重ね、シクサーズとの現地2月15日のリマッチでリベンジを果たしたいところだろう。

なお、セルティックスの今後10試合のスケジュールは以下の通りとなっている。

現地日付対戦チームホームorアウェイ
1/17ニューオーリンズ・ペリカンズホーム
1/19シャーロット・ホーネッツホーム
1/21ポートランド・トレイルブレイザーズホーム
1/23ワシントン・ウィザーズアウェイ
1/25サクラメント・キングスホーム
1/28アトランタ・ホークスアウェイ
1/29ニューオーリンズ・ペリカンズアウェイ
1/31マイアミ・ヒートホーム
2/2シャーロット・ホーネッツホーム
2/4デトロイト・ピストンズアウェイ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA