【スポンサーリンク】

ラマー・オドム「フィル・ジャクソンにレイカーズのヘッドコーチになってほしい」

ラマー・オドム「フィル・ジャクソンにレイカーズのヘッドコーチになってほしい」

ロサンゼルス・レイカーズは先日、ヘッドコーチのフランク・ボーゲルを解雇した。

レイカーズはこれから新たなヘッドコーチを探すことになるが、現時点ではトロント・ラプターズのニック・ナースHC、ユタ・ジャズのクイン・スナイダーHC、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのドック・リバースHC、ミシガン大学のジュワン・ハワードHC、ゴールデンステイト・ウォリアーズの元ヘッドコーチであるマーク・ジャクソンが候補として噂されている。

そんな中、元レイカーズのラマー・オドムが新ヘッドコーチとしてフィル・ジャクソンを推した模様。

オドムによると、NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンやコービー・ブライアントをコーチングしてきたジャクソンなら、レブロン・ジェイムスをコーチングできるという。オドムのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

レブロンのキャリアを考えると、彼をコーチングするのは難しい。

ゲームに関して言うと、彼のメンタルはすごく進歩している。

僕はフィル・ジャクソンと言うつもりだった。

彼ならトライアングルオフェンスでレブロンをコーチングできる。

そうすることでレブロンは今の状態をもう少し長くキープできるだろう。

フィル・ジャクソンにロサンゼルス・レイカーズのコーチになってほしい。

僕はそう強く望んでいる。

ジャクソンがNBAから離れてしばらく経つが、レイカーズの組織においては今も影響力を持っていると見られている。

先日はレイカーズのオーナーであり、元恋人のジーニー・バスとともにレイカーズの試合を観戦し、話題を集めたジャクソン。

だが、ジャクソンは現在76歳ということもあり、現場に復帰する可能性は限りなくゼロに近いだろう。

なお、レイカーズのゼネラルマネージャーを務めるロブ・ペリンカは先日、新ヘッドコーチに求める条件のひとつとして、「NBAスターをコーチングした経験がある」ことを挙げた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA