【スポンサーリンク】

ネッツがブレイク・グリフィンとの再契約を見送った理由とは?

ネッツがブレイク・グリフィンとの再契約を見送った理由とは?

元NBAオールスタービッグマンのブレイク・グリフィンはブルックリン・ネッツで過ごした昨季、NBAキャリアワーストとなる出場時間にとどまった。

特にレギュラーシーズン後半は出場機会が激減し、ネッツに貢献できなかったグリフィン。

では、なぜスティーブ・ナッシュHCはグリフィンの出場時間をカットしたのだろうか?

NBAインサイダーのクリスチャン・ウィンフィールドによると、ナッシュHCはグリフィンのシュートの精度に不満を持ち、ローテーションから外したという。ウィンフィールドのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

ブレイク・グリフィンにはスティーブ・ナッシュが気に入らないところがあった。

おそらくコートで出場時間を与えるには値しなかったのだろう。

ブレイク・グリフィンはシーズンの後半をほとんど無駄に過ごしてしまった。

なぜなら、彼はショットを決めることができなかったからね。

そういうことだ。

はっきりは覚えていないが、彼はオープンスリーを20本かそれ以上連続でミスした。

チームメイトたちが彼にシュートを撃たせるのを躊躇するほどだった。

その他のことはすべてうまくやっていた。

ハッスルやリバウンド、適切なパス。

そういったことはうまくやっていた。

だが、スティーブにとってはオープンショットを決めることができなかったのがすべてだったんだ。

だから彼らは彼と再契約しないんじゃないかな。

出場時間を与えない選手と契約する意味はないからね。

ロサンゼルス・クリッパーズ時代のグリフィンはクリス・ポール、ディアンドレ・ジョーダンとともにチームを牽引したものの、クリッパーズを離れて以降の出場時間は年々減少している。

現時点でグリフィンに興味を持つNBAチームの名は聞こえてこないが、果たしてグリフィンは契約を勝ち取り、NBAキャリアを取り戻すことができるのだろうか?

なお、グリフィンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数56724
平均出場時間17.132.9
平均得点6.4
(キャリアワースト)
19.8
平均リバウンド4.1
(キャリアワースト)
8.2
平均アシスト1.9
(キャリアワースト)
4.1
平均スティール0.50.8
平均ターンオーバー0.62.4
FG成功率42.5%49.3%
3P成功率26.2%32.7%
フリースロー成功率72.4%69.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA