【スポンサーリンク】

クリス・ブルサード「ヤニス・アンテトクンポを批判すべきではない」

クリス・ブルサード「ヤニス・アンテトクンポを批判すべきではない」

ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポは、NBAを代表するスーパースターのひとりだ。

すでにMVPを2度受賞している他、NBAファイナルMVPやオールスターMVP、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、MIPに選出されていることも、アンテトクンポがスーパースターであることを証明していると言えるだろう。

だが、元NBAスターのギルバート・アリーナスは先日、アンテトクンポについて「バスケットボールを理解していない」などと指摘した。

これにNBAアナリストのクリス・ブルサードが反論した模様。

ブルサードによると、アウトサイドシュートとボールハンドリングがないからといってNBAスターではないとは言えないという。ブルサードのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

バスケットボールはスキルだけで争うものではない。

バスケットボールでは生産性と勝利がすべてだ。

彼はケビン・デュラントではない。

彼はダーク・ノビツキーではない。

彼はシュートがあまりうまくないが、あのサイズの選手にしては非常に良いスキルを持っている。

それが彼の身体能力に加われば、彼の生産性は並外れるんだ。

人々は18フィートのジャンプショットがなかったからといって、カリーム・アブドゥル・ジャバーを批判しない。

3ポイントを撃たなかったからといって、シャック(シャキール・オニール)を批判しない。

ヤニスにカイリー・アービングのようなハンドリングやケビン・デュラントのようなシュートがないからといって、彼を批判するな。

アンテトクンポはアウトサイドシュートを得意としている選手ではなく、NBAキャリアを通した3P成功率は28.8%にとどまっている。

だが、インサイドに侵入した時のアンテトクンポを止める術はなく、相手にとって悪夢以外の何ものでもないだろう。

一方、アンテトクンポは周囲の批判に耳を傾けず、ただチームの勝利のためにプレイし続けるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA