【スポンサーリンク】

選手会会長のCJ・マッコラム「カイリー・アービングは影響の大きさを理解していなかった」

選手会会長のCJ・マッコラム「カイリー・アービングは影響の大きさを理解していなかった」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスは先日、クリーブランド・キャバリアーズ時代のチームメイトであるカイリー・アービングの言動について質問されると、「僕は彼のことが大好きだ」としつつ、「僕個人としては、いかなるヘイトも容認しない」と指摘した。

ジェイムスに続き、選手会会長のCJ・マッコラムがアービングの問題に言及した模様。

マッコラムによると、アービングが今回の問題から学び、今後に活かすことが重要だという。マッコラムのコメントをbleacherreport.comが伝えている。

僕個人としては、いかなる形の反ユダヤ主義も認めない。

僕は特に反対している。

僕は平等と多様性を促進することが重要だと信じているんだ。

今回の件は彼にとって学びの経験となったと思う。

彼はあの映画の影響の大きさを理解していなかったんじゃないかな。

なぜなら、彼はあの映画を見ていなかったからね。

人々にどれほど大きな影響を及ぼすのか、どれほど衝撃をもたらすのか、ヘイトがどれほど速く拡散されて雪だるま式に広がっていくのか。

彼がそれを理解していたとは思えない。

ネッツはアービングに対し、少なくとも5試合の出場停止処分を科した。

アービングがネッツに復帰するには6つの条件をクリアしなければならないというが、具体的なスケジュールなどは明らかになっていない。

今回の件はアービングのNBAキャリアに大きな影響を及ぼすと見られる中、今後の展開に注目が集まるところだ。

なお、ネッツが定めたとされるアービングの復帰条件は以下の通りとなっている。

  • SNS上でシェアした反ユダヤ主義的映画を非難し、かつ謝罪する
  • 反ヘイト活動に50万ドルの寄付
  • 感受性訓練プログラムを受講し、修了する
  • 反ユダヤ主義に関するプログラムを受講し、修了する
  • 名誉毀損防止同盟、およびユダヤ人コミュニティのリーダーと面会する
  • オーナーのジョセフ・ツァイと面会し、上記について理解したことを示す

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    信仰の自由は差別の自由じゃねえよ

  2. By 匿名

    本当にそんな問題のある作品ならアマゾンで売るなよw

  3. By 匿名

    SNS上でシェアした反ユダヤ主義的映画を非難し、かつ謝罪する

    これについてはいささか疑問
    誰も真実は分からないのに、謝罪はともかく非難する必要はあるか?何を信じようが自由じゃ無いのかアメリカさんよ

*

CAPTCHA