【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネット レギュラーシーズン全休か?

背中の負傷で離脱中のケビン・ガーネットだが、ブルックリン・ネッツはガーネット抜きで好調を続けている。

ガーネットが最後にプレイしたのは、日本時間2月28日。

それ以来、ネッツは11勝4敗と大きく勝ち越しているのだ。

だが、ガーネットの勝負にかける情熱とインサイドでのディフェンスは、ネッツにとって重要なファクターとなるのは間違いない。

ガーネットの現状と今後について、ネッツのジェイソン・キッドHCは次のように話している。

「彼(ガーネット)がプレイオフ前に復帰してくれれば、それはチームにとって大きなこと。プレイオフ前に復帰できないにしても、彼はプレイオフで必ず我々の力になってくれる。プレイオフの試合に調子を合わせられるかって?彼はハイレベルな選手だし、どんな問題でも解決してくれるはずさ」

ガーネットの欠場以降、メイソン・プラムリーがステップアップし、ネッツにとって大きな戦力となりつつある。

このままガーネットがレギュラーシーズンを全休することになったとしても、プラムリーにとって良い経験となり、プレイオフで大きな戦力として期待できるだろう。

それでもNBAチャンピオンを経験しているガーネットなら、プレイオフでプラムリー以上の活躍を見せてくれるはずだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA