【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニーがブレイザーズ戦を振り返り「バスケットボールをしていなかった」

カーメロ・アンソニーがブレイザーズ戦を振り返り「バスケットボールをしていなかった」

NBAタイトルコンテンダーのロサンゼルス・レイカーズは現地6日、デイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズに大敗した。

先日はオクラホマシティ・サンダーに大逆転負けを喫し、タフな敗戦が続いてしまったレイカーズ。

ベテランフォワードのカーメロ・アンソニーによると、ブレイザーズ戦でのレイカーズはハードにプレイしていなかったという。

アンソニーは古巣ブレイザーズ戦を振り返り、以下のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

僕たちは試合の大半においてバスケットボールをプレイしていなかったと思う。

戦っていなかった。

ハードにプレイしていなかった。

一瞬しかプレイしていなかった。

彼ら(ブレイザーズ)はあらゆる場所で僕たちを打ちのめした。

特に前半で大きなリードを奪われた時にね。

また、レブロン・ジェイムスの不在やアンソニー・デイビスの途中離脱について質問されると、こう答えたという。

これもゲームの一部だ。

誰がコートに立つことができるのか分からない。

怪我はコントロールできるものではないからね。

仲間たちの身体をコントロールすることはできない。

ネクストマンが立ち上がる時だ。

決まりきったことのように聞こえるかもしれないね。

だが、僕たちはコートに出て戦わなければならないんだ。

レイカーズではテイレン・ホートン・タッカー、ケンドリック・ナン、トレバー・アリーザの離脱も続いている。

離脱している選手たちが復帰した時、レイカーズの状況は好転するのだろうか?

いずれにせよ、今後のホーム5連戦はレイカーズの今後を占う戦いになるかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA