【スポンサーリンク】

トム・ティボドーHCがデリック・ローズの状態について「飛ばなければシュートできる」

トム・ティボドーHCがデリック・ローズの状態について「飛ばなければシュートできる」

ニューヨーク・ニックスの元NBAオールスターガード、デリック・ローズは先日、足を再手術した。

以前手術した部位の皮膚が感染症を起こしてしまったためだ。

ニックスを指揮するトム・ティボドーHCによると、今のローズは患部が治るのを待つことしかできないという。

ティボドーHCは先日、ローズの状態について次のように説明。newsday.comが伝えている。

彼はまだ多くのことができない。

ただ辛抱強く、治るのを待つだけだ。

今の彼は医学的なアドバイスに従うほかない。

彼はしっかりと取り組んでいるよ。

歩き回ることはできるし、飛ばなければシュートできる。

ただ、すべてをこなすことはできない。

1週間程度でクリアになることを願っている。

彼だけに限ったことではないが、経験が多くの面で助けになる。

彼はたくさんのことを乗り越えてきたから、あらゆる経験を活かすことができる。

その点は彼にとって希望なのではないかな。

彼は期待しすぎることもないし、落ち込むこともない。

彼は「OK、こういうことだ。これが僕が取り組むべきことだ」という感じさ。

あらゆるプロ選手というものは、逆境に直面した時にタフなメンタルを見せるものだ。

ニックスは現在イースタン・カンファレンス12位。

プレイインゲーム出場圏内である同10位アトランタ・ホークスとのゲーム差は、現地5日の時点で6あるため、現時点ではNBAプレイオフはもちろんプレイインゲーム出場も難しいだろう。

それを踏まえると、ベテランのローズを無理に復帰させず、若手たちに経験を積ませるほうが得策だ。

いずれにせよローズが健康を完全に取り戻し、来季はシーズンを通してプレイできるよう祈りたい。

なお、ローズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数26672
平均出場時間24.531.7
平均得点12.018.2
平均リバウンド3.03.3
平均アシスト4.05.4
平均スティール0.80.8
平均ターンオーバー1.52.5
FG成功率44.5%45.7%
3P成功率40.2%
(キャリアハイ)
31.6%
フリースロー成功率96.8%
(キャリアハイ)
83.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA