【スポンサーリンク】

キャブスがリッキー・ルビオをトレード?

キャブスがリッキー・ルビオをトレード?

クリーブランド・キャバリアーズはレブロン・ジェイムスが在籍した2017-18シーズンまで4年連続でNBAファイナルに進出した。

だが、ジェイムスがロサンゼルス・レイカーズに移籍すると、キャブスは低迷。

勝率も3割を切り、NBAプレイオフから遠ざかることになってしまった。

だが、今季は23勝18敗、イースタン・カンファレンス6位と、NBAプレイオフ復帰に向けて突き進んでいる。

キャブスはNBAプレイオフ進出をより確実なものとするため、来月のトレード期限までに積極的にロスターを補強するかもしれない。

hoopsrumors.comによると、キャブスはバックコートのアップグレードを必要としており、ベテランポイントガードのリッキー・ルビオとNBAドラフト指名権をセットにしてトレードで放出する可能性があるという。

ルビオは今季、若手が多いキャブスでリーダーシップを発揮するとともに、コート上では素晴らしいプレイメイクを展開。

だが、左膝の前十字靭帯を断裂したことにより、今季の残りを全休することが決定してしまった。

また、キャブスはコリン・セクストンが抜けた穴を埋めることができていないため、トレードで補強したいところだろう。

とはいえ、ルビオにとっては残酷なトレードと言えそうだ。

なお、ルビオは今年夏に完全FAになる。

ルビオの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAキャリア
出場試合数34665
平均出場時間28.530.3
平均得点13.1
(キャリアハイタイ)
11.1
平均リバウンド4.14.2
平均アシスト6.67.6
平均スティール1.41.8
平均ターンオーバー2.62.6
FG成功率36.3%38.9%
3P成功率33.9%32.6%
フリースロー成功率85.4%84.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA