【スポンサーリンク】

ロドニー・フッド「オプション行使か破棄かはまだ決めてない」

昨年12月にアキレス腱断裂という重傷を負ったポートランド・トレイルブレイザーズのロドニー・フッドは、復帰へ向けて自宅でリハビリを続けている。

フッドの来季の契約はプレイヤーオプションとなっているため、現時点ではオプションを行使し、来季もブレイザーズの一員としてプレイすると予想されているが、フッドによると、オプションを行使するか破棄するかはまだ決めていないという。

フッドはオプションについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「来季のオプションを行使するかはまだ決めてないんだ。ただ、来季もポートランド・トレイルブレイザーズのユニフォームを間違いなく来てると思うよ」

「シーズンが例年通りだったら、トレーニングキャンプまでに復帰したいと思ってた。今は保護ブーツは外れて、6月中旬あたりに戻りたいと思ってる」

フッドによると、ブレイザーズのトレーナーと週3日のペースで連絡を取り合い、リハビリとトレーニングのアドバイスをもらっているという。

ここ数年は移籍が目立っていたものの、昨季途中から加わったブレイザーズでは重要なプレイヤーのひとりとして活躍し、システムにフィットしているように見えるフッド。

まずは完全な健康を取り戻すことが重要であるが、来季もブレイザーズの主力のひとりとしての貢献を期待したい。

なお、今季のフッドは21試合に出場し、平均29.5分のプレイで11.0得点、3.4リバウンド(キャリアハイタイ)、1.5アシスト(キャリアワースト)、FG成功率50.6%(キャリアハイ)、3P成功率49.3%(キャリアハイ)を記録。

キャリアを通してユタ・ジャズ、クリーブランド・キャバリアーズ、ブレイザーズでレギュラーシーズン通算341試合に出場し、平均27.3分のプレイで12.5得点、2.9リバウンド、1.9アシスト、FG成功率42.6%、3P成功率37.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA