【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「病気を言い訳にするつもりはない」

アンソニー・デイビス「病気を言い訳にするつもりはない」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスタービッグマン、アンソニー・デイビスは、現地23日に行われたニューヨーク・ニックス戦に準備不足のまま出場した。

デイビスは朝起きた時に頭痛と発熱があり、熱が下がるまでホテルの部屋で待機していたため、試合前のシュートアラウンドやウォームアップなどに参加することができなかった。

この日のデイビスはFG成功率41.2%(7/17)とシュートタッチを掴むことができず、レイカーズもニックスに敗れてしまったわけだが、デイビスによると、病気は言い訳にならないという。

デイビスはニックス戦を終えた後、以下のようにコメント。talkbasket.netが伝えている。

僕はまだ勝てるチームだと思っている。

病気を言い訳にはしない。

コートに出てプレイするならすべてを捧げるし、言い訳はしない。

僕たちには同点に追いつくチャンスがあった。

第4Q中に同点に追いついたと思う。

ニューヨークに凱旋したメロ(カーメロ・アンソニー)は何本かショットを外した。

マリク(・モンク)はトップ・オブ・ザ・キーでオープンだったが、決めることができなかった。

僕はフリースローを6本ミスしてしまった。

それが結果に繋がってしまったと思う。

(イマニュエル・)クイックリーは終盤に何本かシュートを決めたよね。

3ポイントを4本決めた。

ただ、もし僕が病気ではなく、ブロン(レブロン・ジェイムス)がここにいたら、間違いなく助けになっていただろう。

試合には敗れてしまったものの、第3Q中に強烈な追い上げを見せ、一時は大逆転勝利の可能性を感じさせたレイカーズ。

試合終盤には息切れしてしまったが、明日のインディアナ・ペイサーズ戦ではレイカーズがNBAタイトルを狙えるチームであることを証明する戦いを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA