【スポンサーリンク】

デイミアン・リラードが批判したがるNBAレジェンドたちに「忘れ去られたくないだけ」

デイミアン・リラードが批判したがるNBAレジェンドたちに「忘れ去られたくないだけ」

NBAレジェンドの中には、現役NBA選手たちをたびたび批判する者もいる。

先日はNBAレジェンドのチャールズ・オークリーが「ジャンパーがないヤニス・アンテトクンポは僕たちの時代のNBAでは通用しない」と指摘し、話題を集めた。

では、なぜ多くのNBAレジェンドは現役NBA選手たちをサポートするのではなく、批判しているのだろうか?

ポートランド・トレイルブレイザーズのデイミアン・リラードによると、NBAレジェンドたちは過去の栄光を人々に忘れ去られたくないからこそ現役NBAスターたちを批判し、注目を浴びようとしているという。

リラードは批判を続けるNBAレジェンドたちに一定の理解を示しながらも、次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

つまり、彼らは忘れ去られたくないのだと思う。

忘れられていないことを確認するため、という意味合いもあるんじゃないかな。

「僕たちの時代は大変だった。だから、彼ら(現役NBA選手たち)を評価する前に、このことを人々に知ってもらわないと」という感じさ。

それが真実である時もある。

彼らの時代のガード選手たちは、僕たちの時代で苦しむかもしれない。

なぜなら、僕たちは彼らをペイントエリアに侵入させないようにディフェンスするからだ。

それと同じように、僕たちの時代の選手の中には、彼らの時代のフィジカルとファウルコールの少なさに苦労する男もいるかもしれないね。

チャールズ・バークレーやシャキール・オニール、ケンドリック・パーキンスなどメディアで仕事をしている元NBA選手たちにとっては、現役NBA選手たちを批判することも仕事のひとつだろう。

だが、時には行き過ぎた批判や的外れの批判をすることもある。

リラードの指摘は的を射ているように思えるが、NBAレジェンドたちには過去との比較ではなく、時代に合わせた適切な批判を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そう単純かな
    リラードは何も言わなそうだと考えるよ

  2. By 匿名

    10年後ぐらいに引退したリラードが若手を批判したりして

*

CAPTCHA