【スポンサーリンク】

ラプターズがトレードでブラッドリー・ビールを獲得するには?

ラプターズがトレードでブラッドリー・ビールを獲得するには?

ワシントン・ウィザーズはこれまでジョン・ウォールとブラッドリー・ビールを中心として戦ってきた。

だが、ウィザーズは昨年オフシーズン中のトレードでウォールを放出し、NBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックを獲得。

ビールは新たな相棒ウェストブルックと共にウィザーズをNBAプレイオフ進出に導いたが、ウィザーズはこのオフシーズン中のトレードでウェストブルックを放出した。

これによりウィザーズでNBAオールスターレベルの選手はビールただひとりとなってしまったわけだが、ビールをトレードで放出した場合、ウィザーズは完全に再建期に入るだろう。

そんな中、nbaanalysis.netがあるトレードを提案した。

nbaanalysis.netによると、ウィザーズはトロント・ラプターズとのトレードでビールとダービス・バータンズを放出し、パスカル・シアカム、OG・アヌノビー、2022年のNBAドラフト1巡目指名権、2024年のNBAドラフト1巡目指名権、2026年のNBAドラフト1巡目指名権を獲得すべきだという。

ラプターズにはソリッドなスコアラーが不足している。

だが、トレードでビールを獲得することができれば、スコアリングの問題は解消できるだろう。

一方、ウィザーズにとってビールの放出は大きな痛手となるかもしれないが、現在のロスターでNBAタイトルを勝ち取るのは難しく、未来に向けてロスターを刷新するのもひとつの手だ。

その意味では成長が期待できる2人の若手選手と3つのNBAドラフト1巡目指名権は大きな資産になり得る。

ウィザーズはビールをトレードで放出することでファンの反感を買ってしまうかもしれないが、数年後を見据えた戦略が必要なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA