【スポンサーリンク】

ラメロ・ボールが広報担当から1000万ドル以上の損害賠償を要求される

ラメロ・ボールが広報担当から1000万ドル以上の損害賠償を要求される

シャーロット・ホーネッツのラメロ・ボールは、2020年NBAドラフトの前に大手スポーツブランドのプーマと大型契約を結んだ。

契約内容は明かされていないものの、契約金は1億ドルに及ぶと見られている。

だが、ボールはプーマとのシューズ契約に関係し、広報担当の女性から訴えられてしまった模様。

TMZ Sportsによると、ボールはビジネス取引を任せていた広報担当のアンバー・ジョンソンから1000万ドル以上の損害賠償を要求されているという。

ボールはビジネス取引を任せるため、ジョンソンを2019年に雇用した。

ボールがジョンソンと契約した時、ボールとボールのエージェントは彼女にビジネス取引の10%を報酬として支払うことを約束。

ジョンソンはボールがゲームストリーミングサービスの「カフェイン」と契約するのを手助けすると、その後ボールにプーマとの契約の話を持ちかけ、その結果、ボールはプーマとシューズ契約を結んだという。

ジョンソンはこれらの仕事に対する報酬を一切受け取っておらず、その金額は合計1000万ドル以上におよぶと主張している。

また、4800ドルの経費も払い戻されていないというが、ボールにとって初めての大きな裁判になるだけに、今後の対処に注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA