【スポンサーリンク】

ランス・スティーブンソン「僕ならレブロン・ジェイムスを助けることができると思っていた」

ランス・スティーブンソン「僕ならレブロン・ジェイムスを助けることができると思っていた」

ランス・スティーブンソンが2018年にロサンゼルス・レイカーズに加わった時、多くのNBAファンは驚いた。

なぜなら、スティーブンソンとレブロン・ジェイムスは過去に何度もバトルを繰り広げていたからだ。

最も有名なのは、当時インディアナ・ペイサーズに所属していたスティーブンソンが、NBAプレイオフゲーム中にジェイムスの耳に息を吹きけけた行為だろう。

このような過去があったため、多くのNBAファンはジェイムスとスティーブンソンがケミストリーを構築できるか懸念したものの、彼らは友情を築き、過去の因縁をまったく感じさせなかった。

では、なぜ彼らは過去の因縁を乗り越え、友情を育むことができたのだろうか?

スティーブンソンはその理由について以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼はただ勝利を求めていた。

それを手助けできるチームを求めていた。

だから、僕たちは同じ道を進むことにしたんだ。

僕は間違いなく彼を助けることができると思っていたし、あのシーズン中は彼らを助けることができると思っていた。

僕たちは過去のことについては一度も話さなかった。

共に前に進んだのさ。

スティーブンソンは現在、NBA復帰に向けてトレーニングを続けている。

もしNBAに復帰できれば、ジェイムスと再会する日が来るだろう。

その時には笑顔で互いを称えるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA