【スポンサーリンク】

レイカーズなどNBA4チームがレジー・ブロック獲得を狙う?

レイカーズなどNBA4チームがレジー・ブロック獲得を狙う?

ニューヨーク・ニックスのレジー・ブロックは、この夏に完全FAになる。

ブロックはアウトサイドシュートに定評ある選手であり、昨季は3P成功率41.0%を記録。

アウトサイドシュートが重視される近年のNBAにおいてブロックは貴重な選手であるため、複数のNBAチームがブロックに関心を示している模様。

nypost.comによると、ニックスの他、ボストン・セルティックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ブロックスの古巣ロサンゼルス・レイカーズがブロックに興味を持っているという。

ブロックはニックスとの再契約を望んでいるというが、3年契約を求めているとされ、NBAプレイオフで十分なパフォーマンスを見せることができなかったブロックにニックスが大型契約をオファーするかは分からない。

ニックスもブロックとの再契約に前向きと報じられているものの、もしブロックが納得できないオファーであれば、他チーム移籍の可能性は十分にある。

ブロックは2018-19シーズン中のトレードでレイカーズに移籍したものの、レイカーズのシステムにフィットせず、シーズン終了後にニックスと契約。

だが、レイカーズはそれから様変わりし、当時からロスターに残っているのはレブロン・ジェイムス、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、カイル・クーズマ、アレックス・カルーソのみだ。

ヘッドコーチもルーク・ウォルトンではなくフランク・ボーゲルであるため、ブロックは新たな気持ちでプレイすることができるだろう。

果たしてブロックはどのNBAチームを選ぶのだろうか?

なお、ブロックの2020-21レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数65366
平均出場時間30.021.5
平均得点10.97.6
平均リバウンド3.4
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト1.51.2
平均スティール0.80.6
平均ターンオーバー0.70.6
FG成功率44.2%43.3%
3P成功率41.0%39.2%
フリースロー成功率90.9%84.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA