【スポンサーリンク】

カリス・レバートが疲労骨折で離脱

カリス・レバートが疲労骨折で離脱

NBAキャリア5年のカリス・レバードは、昨季中のトレードでブルックリン・ネッツからインディアナ・ペイサーズに移籍した。

ペイサーズでNBAキャリアベストのパフォーマンスを見せたレバードにはさらなる成長が期待されているが、レバートは出鼻をくじかれてしまった模様。

ESPNの記者によると、レバードは背中に疲労骨折が見られ、離脱するという。

ペイサーズはレバートの骨折が軽度のものだと楽観視しており、NBA2021-22シーズン開幕頃には復帰できると考えているという。

レバードには足の骨折や腎臓の病気に見舞われた過去がある。

ペイサーズはレバートにさらなる検査を受けさせるだろうが、長期離脱とならないことを願いたいところだ。

なお、ペイサーズではエドモンド・サムナーがアキレス腱の断裂で長期離脱見込みであり、足の怪我からの回復が遅れているTJ・ウォーレンの復帰時期も未定のままとなっている。

レバートのペイサーズ移籍後とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

ペイサーズ移籍後NBAキャリア
出場試合数35260
平均出場時間32.926.8
平均得点20.714.1
平均リバウンド4.63.9
平均アシスト4.93.9
平均スティール1.51.1
平均ターンオーバー2.21.9
FG成功率44.3%43.5%
3P成功率31.8%33.6%
フリースロー成功率82.2%73.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA