【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがジェイムス・ハーデンのトレード要求について「彼の立場になって考えてみよう」

ケビン・デュラントがジェイムス・ハーデンのトレード要求について「彼の立場になって考えてみよう」

NBAオールスターガードのジェイムス・ハーデンはブルックリン・ネッツにトレードを要求し、その結果フィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍することになった。

カイリー・アービングがロードゲームにしか出場できず、ケビン・デュラントが怪我で長期離脱を余儀なくされたため、ハーデンは彼らの分の負担も担わなければならなかったことがトレード要求につながったと噂されている。

ハーデンはヒューストン・ロケッツ時代もトレードを要求し、試合に出場しないという手段をとったため、今回のトレードについても批判を浴びているが、デュラントによると、ハーデンの心情は理解できるという。

デュラントはハーデンのトレード要求について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

彼の立場になって考えてみよう。

カイはプレイしていなかった。

僕は怪我をしていた。

それに彼はこれまでNBAチャンピオンになったことがない。

彼は32歳だ。

彼は彼自身を見つめ直し、タイトル争いできるようなチームに加わりたかったんじゃないかな。

そう考えているなら、その気持ちを他の誰かがコントロールすることはできない。

彼と彼のチームが健康であり続けること、僕たちが健康であり続けることを願っている。

僕たちが素晴らしいシーズンを送り、彼らが素晴らしいシーズンを送ることを願っている。

僕たちは前に進むだけさ。

アービングはクリーブランド・キャバリアーズ時代に、デュラントはゴールデンステイト・ウォリアーズ時代にNBAチャンピオンになった経験がある。

だが、その経験がないハーデンは、シクサーズにNBAチャンピオンの可能性をより感じたのだろう。

トレードが成立した後、シクサーズはハーデンが出場した試合を5戦全勝と絶好調だ。

果たしてハーデンは悲願のNBAタイトル獲得を達成し、トレード要求が間違いではなかったことを証明できるだろうか?

なお、今季のハーデンのネッツとシクサーズでのスタッツは以下の通りとなっている。

ネッツシクサーズ
出場試合数445
平均出場時間37.036.8
平均得点22.524.6
平均リバウンド8.07.6
平均アシスト10.212.4
平均スティール1.31.2
平均ターンオーバー4.82.8
FG成功率41.4%53.1%
3P成功率33.2%44.8%
フリースロー成功率86.9%89.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA