【スポンサーリンク】

ミカル・ブリッジズがオーナーの問題について「NBAに任せるしかない」

ミカル・ブリッジズがオーナーの問題について「NBAに任せるしかない」

NBAは先日、フェニックス・サンズのオーナーを務めるロバート・サーバーに人種差別や女性蔑視の言動の疑惑があるとし、法律事務所に調査を依頼した。

ESPNがサンズの従業員と元従業員70人以上にインタビューした告発記事がきっかけとなったこの問題。

現場で働くサンズの選手やコーチたちにはこの問題に対する意見が求められており、NBAゲームに集中したい彼らにとっては雑音以外の何ものでもないだろう。

NBAキャリア4年目のミカル・ブリッジズも、この問題に戸惑っているのかもしれない。

サーバーの問題についての意見を求められたブリッジズは、以下のように答えたという。hoopsrumors.comが伝えている。

少し動揺しているのは間違いない。

だが、僕たちにどうこうできるようなことではない。

リーグが調査をしている。

だから彼らに任せるしかないんじゃないかな。

僕は自分の仕事を続け、勝利を狙うだけだ。

サーバーの問題で揺れているにも関わらず、サンズは現在4連勝中だ。

NBAが調査結果を発表した後にさらに揺さぶれてしまう可能性は否定できないが、現場で働く選手やコーチたちは目の前の試合に集中し、NBAタイトル獲得へ向けて突き進むに違いない。

なお、ブリッジズの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数8235
平均出場時間32.630.1
平均得点15.3
(キャリアハイ)
10.4
平均リバウンド3.63.8
平均アシスト1.4
(キャリアワースト)
2.0
平均スティール0.6
(キャリアワースト)
1.3
平均ターンオーバー1.00.9
FG成功率57.1%
(キャリアハイ)
50.0%
3P成功率39.4%37.7%
フリースロー成功率62.5%
(キャリアワースト)
82.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA