【スポンサーリンク】

NBA2年目のイマニュエル・クイックリー「スランプではない」

NBA2年目のイマニュエル・クイックリー「スランプではない」

NBAキャリア2年目を迎えているニューヨーク・ニックスのイマニュエル・クイックリーは、今季10試合を終えた時点で3P成功率25.0%とリズムを掴むことができずにいる。

クイックリーはニックスにとって重要なベンチ選手のひとりであるため、ニックスとしてはクイックリーに早くタッチを取り戻してもらいたいところだろう。

クイックリーについては「スランプに陥っている」という声もある中、クイックリー自身がそれを否定した模様。クイックリーのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

スランプではないと思う。

シュートを決めることができていないが、シーズンは長い。

シーズンは10試合で終わらない。

82試合だ。

ハードに働き、神を信じ、自信を持ち続けるだけだ。

シーズンは82試合あるから、特に気にしていないよ。

今は良いプレイができていないが、残りのシーズンは素晴らしいプレイをするだろう。

皆は僕にこう言ってくれているんだ。

「君自身を信じろ」とね。

つまり、自信を持ち続け、ハードにプレイし、エネルギーを持続させるということだ。

それが僕が続けていることさ。

ニックスは今季10試合を終えた時点で6勝4敗を記録。

まだ十分なパフォーマンスを見せているとは言えないが、ニックスがNBAプレイオフを勝ち抜く力を手にするためにはクイックリーの復調も大きな要素のひとつとなるだろう。

果たしてクイックリーはNBAキャリア2年目のジンクスを打ち破り、昨季以上のパフォーマンスを見せることができるだろうか?

なお、クイックリーの昨季と今季のスタッツは以下の通りとなっている。

2020-212021-22
出場試合数6410
平均出場時間19.415.1
平均得点11.46.3
平均リバウンド2.11.5
平均アシスト2.01.8
平均スティール0.50.7
平均ターンオーバー0.90.5
FG成功率39.5%31.3%
3P成功率38.9%25.0%
フリースロー成功率89.1%93.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA