【スポンサーリンク】

サンダーがシェイ・ギルジアス・アレクサンダーをトレード?

サンダーがシェイ・ギルジアス・アレクサンダーをトレード?

オクラホマシティ・サンダーは先日のトレードで元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーを獲得した。

サンダーはウォーカーをトレード要員として使い、NBAドラフト指名権もしくは若手有望株の獲得を狙うと噂されているが、NBAキャリア3年目を終えたシェイ・ギルジアス・アレクサンダーのこともトレード要員として見ているのかもしれない。

bleacherreport.comによると、サンダーは先日、NBAドラフト1位指名権をトレードで獲得すべく、ギルジアス・アレクサンダーと今年のNBAドラフト6位指名権をセットにしてデトロイト・ピストンズにオファーしたという。

だが、ピストンズはオファーを拒否し、サンダーの目論見は失敗することとなった。

今後はNBAドラフト16位指名権と18位指名権をセットにし、シャーロット・ホーネッツが保有しているNBAドラフト11位指名権獲得を狙う可能性があるというが、もし上位指名権を獲得できるならギルジアス・アレクサンダーのトレードも厭わないだろう。

また、現在はトロント・ラプターズとトレード交渉をしていると報じられている。

ギルジアス・アレクサンダーはまだ23歳と若く、カナダ出身のギルジアス・アレクサンダーにとってラプターズが魅力的なチームであるのは間違いない。

果たしてサンダーは23歳のギルジアス・アレクサンダーをトレードで放出するのだろうか?

なお、ギルジアス・アレクサンダーの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数35187
平均出場時間33.730.9
平均得点23.7
(キャリアハイ)
16.3
平均リバウンド4.74.3
平均アシスト5.9
(キャリアハイ)
3.8
平均スティール0.8
(キャリアワースト)
1.1
平均ターンオーバー3.02.0
FG成功率50.8%
(キャリアハイ)
48.2%
3P成功率41.8%
(キャリアハイ)
37.3%
フリースロー成功率80.8%
(キャリアハイ)
80.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA