【スポンサーリンク】

マリク・モンク「無理にショットを撃たないことが重要」

マリク・モンク「無理にショットを撃たないことが重要」

ロサンゼルス・レイカーズのマリク・モンクは、先日のアトランタ・ホークス戦でシーズンハイとなる29得点、4リバウンド、3アシスト、2スティールを記録し、勝利に貢献した。

7本の3ポイントや豪快なダンクを決め、レイカーズファンを歓喜させたモンク。

ここ最近のモンクは覚醒したかのようなパフォーマンスを続けているが、モンクによると、チームとして機能しているがゆえの結果だという。モンクのコメントをlakersnation.comが伝えている。

ゲームは自然と僕のところにやって来る。

無理にショットを撃ったりせず、正しいプレイをするだけだ。

そうすれば、ボールは僕のもとに来る。

僕はスターティングラインアップの中でラスやブロンのためにスペーシングしているんだ。

全員がレーンを攻め始めると中が狭くなるから、彼らは僕を見つける。

そして僕は僕のショットを撃つのさ。

僕たちは互いを信頼している。

無理にプレイしようとはせず、正しいプレイをしている。

ひとりだけではない。

全員がだ。

僕たちはただ正しいプレイをし、チームメイトたちを信頼しているんだ。

レイカーズは現在、NBAオールスタービッグマンのアンソニー・デイビス抜きで戦っている。

もし今の調子を維持し、かつデイビスが復帰すれば、レイカーズはもうひとつ上にステップに上がることができるだろう。

モンクにはこれからも素晴らしいパフォーマンスを見せ、レイカーズを勝利に導いてもらいたいところだ。

なお、モンクの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数35268
平均出場時間25.918.9
平均得点12.1
(キャリアハイ)
9.5
平均リバウンド2.82.1
平均アシスト2.2
(キャリアハイ)
1.8
平均スティール0.7
(キャリアハイ)
0.5
平均ターンオーバー1.21.2
FG成功率48.1%
(キャリアハイ)
41.4%
3P成功率39.7%34.8%
フリースロー成功率84.4%84.3%

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    頭悪いから無理やろラスには

  2. By 匿名

    ラス「確率が全てじゃない。チームは勝ってるからね。出場している全員がチームを勝たせているのさ。」

    となりWhy Not精神が更に加速するだけではないだろうか

  3. By 匿名

    よく聞いとけラス

*

CAPTCHA